兵庫6次産業化サポートセンター

6次産業化プランナーのご紹介

技術士

澤 正樹(さわ まさき)

プランナーとしてこの6年間に訪れた生産者の皆様は、いずれも安全・安心や環境に配慮した生産をベースに、品質に対しても強いこだわりと自信を持っておられ、加工して単に収入を高めたいというより、何とかしてこの原料の特長を活かした加工品を作り、消費者に届けたいという方が多かった。そんな思いに少しでも応えることができれば嬉しい限りです。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・品質にこだわった加工食品の開発支援
  • ・加工食品の包装・殺菌と賞味期限の設定についての支援

民間コンサルタント

投石 満雄(なげいし みつお)

例えば、新たな売り先さんを見出す際、「どんな先と組んで、当農家は何にどう力を注ぐか」が大切です。また、お客様をイメージしながらの商品づくりや見せ方に加え、価格設定や販売促進策にも工夫が必要です。「6次化って何?」の第一歩から、地域の方々や商工業・観光とのつながりも視野に、事業や商品の魅力向上までを、ご一緒に探っていきましょう。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・売れる加工品の商品開発と店舗の立ち上げ
  • ・販路開拓等のマーケテイング
  • ・農家と商品のブランデイング

大学・研究機関

光井 將一(みつい しょういち)

農林水産業者と、加工業者、販売業者、そして消費者間での信頼関係が大切と感じています。その基盤となる種々の情報開示を含む交流及び初期投資軽減のための工夫が、事業成功のカギです。小さく産んで大きく育てましょう。また、地域活性化につながる事業方向性を確立し、地域で共有する事で、事業の成功可能性も高まります。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・売れる加工品の商品開発と店舗の立ち上げ
  • ・販路開拓等のマーケティング
  • ・漁業のブランディング

民間コンサルタント

水田 治彦(みずた はるひこ)

6次産業化には、既存の農林漁業者のみならず、新規就業者や他業種からや食品加工事業者による新規参入など事業形態は様々です。今後も、事業者の目的や経営形態に沿った事業計画作成及び事業化支援を行うことで、認定事業者の6次産業化の推進と目標達成に向けたサポートを実施していきたいと考えています。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・ソフト、ハード事業の申請と実施支援
  • ・市場ニーズにあった加工品の商品開発と事業化のアドバイス
  • ・経営専門家と連携した経営課題の解決

民間コンサルタント

宇田 名保美(うだ なほみ)

生産のこだわり、開発した新商品にこめられた想いをお客様に伝えることが大切です。チラシやパンフレット、写真、説明文、インターネット、SNSなど、様々なこだわりを伝えるための方法はたくさん存在します。お客様にわかりやすく伝えるため何をどのようにすればいいのか整理し、実践するお手伝いをさせていただきます。一緒に悩み、夢に向けて努力しましょう。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・IT活用支援・GAP認証支援
  • ・売れる加工品の商品開発
  • ・パッケージ、ネットショップ等を活用した販路開拓支援

民間コンサルタント

福井 佑実子(ふくい ゆみこ)

6次産業化プランナーとして事業者様のほ場に足を運び会話を重ねる中で、事業者様自身が今後の事業展開のより良い方策を見つけていかれる時に喜びを感じます。事業は山登りと似ています。どの山に登りたいのか。どのルートで登るのか。山頂でみたい景色はどのようなものか。事業者様の想いを形にするお手伝いができたら嬉しいです。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・有機農産加工品の事業/商品開発支援
  • ・医福食農連携にまつわる事業/商品開発支援
  • ・品質管理、生産管理面のアドバイス

民間コンサルタント

穴田 喜代嗣(あなだ きよじ)

農林漁業者が自ら加工や流通まで手掛けることで、ブランド力を高め雇用を確保する「6次産業化」を支援しているプランナーとして喜びを実感しています。6次産業化をめざして、新たに加工・販売に取り組む農林漁業者の皆さんをサポートするとともに、新事業の創出、地域ネットワーク形成による活性化、高付加価値商品の開発・事業化、販路開拓などのマーケティングの支援に取り組みます。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・農業支援を通じて地域経済の活性化
  • ・建設業など企業の農業分野進出
  • ・農業生産法人の設立など農業経営サポート

民間コンサルタント

小川 勝夫(おがわ かつお)

総合化事業計画とその後のネットワーク活動交付金の計画支援の経験があります。両計画共に数値計画がシビアに求められますが、対処出来ています。
農産物の販売促進、売る仕組みづくりも実績があります。お気軽に、お声を掛けて頂ければと思います。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・農業者の数値計画作成支援
  • ・販路開拓支援
  • ・売る仕組みづくりの支援

民間コンサルタント

下田 佳男(しもだ よしお)

私は、自分の地元こそ支援すべき場所と思い定めています。家に近い地域の農業分野の支援を草の根レベルで続け、これからも続けていこうと思っています。地元での「あるもの探し」は、やりがいのある仕事です。何かお役にたてることがあるようでしたら、微力ながらお手伝いさせていただきたいと思います。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・商品開発のための連携支援
  • ・知的財産権取得支援
  • ・マーケティング戦略支援

民間コンサルタント

岩本 真理子(いわもと まりこ)

その生産品を活かすには、どんな商品にすればよいのか?どんな人に買ってもらいたいのか?どこで売れば良いのか?使う素材は同じでも、いろいろな商品化の可能性があります。企業での商品開発の経験と女性消費者の視点から、今の時代にフィットした魅力ある商品づくりのお手伝いをいたします。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・新商品開発およびパッケージ等の販促支援
  • ・ブランド・コンセプト作りの支援
  • ・販路開拓等のマーケティング

民間コンサルタント

田中 康晃(たなか やすあき)

農業者様の6次産業化への感心は高く、とても前向きに取り組んでおられるなあと感じました。プランナーとしては、農業者様の思いを大切に、その思いを実現可能な数字、計画へと落とし込んで行けるようお手伝いしていきたいと思います。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・農業事業計画の企案、作成
  • ・農地転用、農地法許可申請
  • ・販路開拓等の支援

民間コンサルタント

高原 知子(たかはら ともこ)

6次産業化を考える農業者様とともに、生産者の想いを消費者に届ける事業計画のお手伝いをさせていただきます。ターゲットをひきつける商品・コンセプトの追求を重視し、生産者のイメージや経験を大切にしたうえで、ともにブランディングしていきたいと考えています。事業化支援、持続性と長い目で見た付加価値創造に取り組みます。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・ソフト、ハード事業の申請支援
  • ・新商品開発・ブランディング支援
  • ・農地転用、農地法許可申請

民間コンサルタント

瀨戸 繁幸(せと しげゆき)

プランナーとして感じた事は、生産者様は今後について不安が一杯で、現状を打破したい決意の基、安心・安全ブランドの確立に向けて日夜研鑽されている姿に共感を覚えました。
今後とも初心を忘れず生産者様のニーズを適確に判断し、適切なアドバイスを行う為にも自己研鑽に努め、可能なる範囲で最大限のサポートをさせていただきたいと考えています。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・金融調達のアドバイス
  • ・販路開拓等のサポート

民間コンサルタント

村田 哲也(むらた てつや)

平成26年から、平成27年に掛けて、兵庫県内の約30の営農組織のニーズ調査に回りました。多くの組合長が“経営状況が苦しい、活路を開くために「6次産業化」に取り組みたい”と言われていました。
もとより、そう簡単に6次産業化に取り組めるわけではありませんが、私の持っているネットワークを活用して、農家の皆さまの力になりたいと思っています。

これまでの主な支援内容

  • ・県内営農組織に対する経営改革支援
  • ・営農トップへの財務知識(貸借対照表、損益計算書等)の研修
  • ・中小企業への品質管理のコンサルタント
  • ・中小企業における技能伝承の実践

民間コンサルタント

井上 喜正(いのうえ よしのぶ)

農産加工への取り組みに対し、商品開発や賞味期限の設定、加工施設の運営管理、衛生対策などを支援してきました。消費者は、安全安心な食品を求めています。食品の安全確保のため、品質管理をお手伝いします。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・加工従事者の衛生マニュアル作成支援
  • ・製造施設・器具の管理マニュアル作成支援
  • ・鹿肉を利用した加工品の商品開発支援

民間コンサルタント、技術士(衛生工学)、中小企業診断士、ISO審査員、ITコーディネータ

正木 博夫(まさき ひろお)

6次産業化にあたって、農業経営者は、1次産業の知識・ノウハウのみでなく、それまでとは違った広い視野を持ち、原料生産から、原料の加工および加工製品の販売まで、一貫して取り組まなければなりません。それには、自分の考え方の変化と学習はもちろん必要ですが、関連業界の人脈と協力、一緒になって進めることがとても重要です。

これまでの主な支援内容

  • ・自然薯酒開発支援
  • ・水稲・野菜生産農家の経営改善計画書作成支援
  • ・孟宗竹利用商品の6次産業化認定事業の推進指導
  • ・農産物直売所の経営・マーケティング指導

民間コンサルタント

久芳 巧(くば たくみ)

6次産業化プランナーとして、多くの農林水産事業者様との密な連携を図り、兵庫県産の新たなブランデイングと新規販路開拓の取り組みを支援させて頂きたいと考えています。
事業計画や経営支援のコンサル業務経験を活かし、儲かる仕組みづくりを支援いたしますのでよろしくお願いします。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・商品ブランデイング支援
  • ・売れる仕組みづくりと販促支援
  • ・生産管理・販売管理・物流の構築

民間コンサルタント

服部 雅典(はっとり まさのり)

6次産業化は、地域の自立を促進し活性化を推進する役割を果たします。それに携わる地域の皆さんにはやり甲斐を感じる事の出来る有意義な産業です。
今まで知らなかった地域外の人達(時には海外)にもPRされ、人や情報の交流が増し地域の将来発展にも大きな貢献をすることができます。特産を活かした事業の増進と地域への貢献を目指し支援して参ります。

これまでの主な支援内容

  • ・農産物の集荷~物流~販売のシステム提案支援
  • ・営農組合の経営支援
  • ・農産物・加工品のネット通販支援
  • ・水耕栽培ハウスの設置・運営支援

民間コンサルタント

山内 美陽子(やまうち みよこ)

第一次産業従事者の方々がこれからも継続して生業できるよう、商品開発や販路開拓に関する様々な検討事項を一緒に突破していきたい。加工法や設備に関する相談や、連携事業者となる2次、3次事業者もマッチングしたい。また、食べ手や加工者とも直接つながれる、マルシェを運営主催しています。食べ手への反応を試すテスト販売、またレストラン等との商談や、売り方見せ方に関する学びもできます。ぜひトライください。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・マーケットインによる加工品商品開発
  • ・販路開拓等のマーケティング、マルシェ出店
  • ・農福連携、都市農村交流ツアー

民間コンサルタント

小豆 佳代(あずき かよ)

いいものを作っているのに魅力に気づいていない生産農家様によく出会います。もったいない!産品のアピールポイントの洗い出しと磨き上げ、そしてそれをどう販促に活かすかまで一緒に考えていきます。
私の得意分野は農産物のECサイト運営。生産農家様が「遠くでも、都会でも売れるんだ」と気づいて生産にさらなるやり甲斐を持って下さることが私の喜びでもあります。

これまでの主な支援内容

  • ・ECサイトの立ち上げ支援・運営指導。現状の改善
  • ・産品の販促についてのコンサルティング
  • ・商品パッケージや販促ツールのデザイン

民間コンサルタント

東松 英司(とうまつ えいじ)

6次産業化プランナーとして、事業計画の作成をお手伝いする機会が多くなっています。相手は事業計画の作成は初めてという方がほとんどですが、いろんなことに取り組みたいという前向きな方ばかりです。相談を終えた後、「頭の中の整理がついて明日からやるべきことが分かった」と言っていただけることが私の喜びの一つでもあります。

これまでの主な支援内容

  • ・総合化事業計画の申請支援
  • ・法人化支援
  • ・新商品開発・ブランディング支援
  • ・販売促進・マーケティング支援
  • ・生産管理・販売管理のしくみ構築支援